沼津中央高等学校 > トピックス > お知らせ > 明日は「開校記念日」

明日は「開校記念日」

 明日、4月12日は「開校記念日」です。今日の朝学習の時間に校長先生から放送による創立記念講話がありました。「世に廃物なく、人に棄材なし」という建学の精神は、すべての人の中に宿る可能性を信じ、集った師弟学友が互いに努力しながら、よりよい社会の形成に貢献していこうとするものです。これに基づき校訓「自主独往の精神」を掲げ、創立以来、地域を担う多くの人材を育成し、教育活動の歴史を積み重ねてきました。

 本校は1924年(大正13年)に沼津精華女学校として設立の認可を受け、沼津市内にある蓮光寺を仮校舎として開校しました。創立者、秋鹿見橘先生は明治2年に沼津で生まれました。秋鹿家は徳川の幕臣で代官を務めた名家であり、父の秋鹿見山氏も沼津兵学校で教授を務めた家柄でした。その長男であった見橘氏は東京高等師範学校創設にあたり各府県から選抜されることになったとき、静岡県からは秋鹿先生ただ一人が選抜されました。東京高等師範学校は後の東京教育大となり、教育界の総本山と目されていましたが、見橘先生は21歳でその第1期生に名を連ねました。

 見橘先生のお墓がある蓮光寺境内には「エリック・エス・ベル」先生のお墓もあります。ベル先生は第2代理事長である秋鹿重彦先生が東京大学英文科出身だったこともあり、本校がいち早く外国人教員を招いて英語教育を行ったときの講師でした。当時としては画期的な英語教育は内外の注目を浴び、生徒たちも英語学習の活気に溢れていました。毎年、初代校長であり創立者の「秋鹿見橘」先生の命日である12月8日には、生徒会執行部、学級委員のほか多くの生徒が墓参をしています。学園祭である「たちばな祭」は見橘先生の名前に由来し、本館の校舎前には「橘」の木が植えられています。

 引き続きホームページをご覧下さい。Twitter公式アカウントの「フォロー」もお願いします。また、中学生やその保護者を対象にした入試関連情報をお伝えするLINE@公式アカウントも開設しておりますので、こちらのほうの「友だち追加」もよろしくお願いします。

  • Twitter
  • Instagram
  • LINE@
テキストのコピーはできません。