沼津中央高等学校 > トピックス > お知らせ > 医療・福祉コース「リスクヘッジと危険への対応を学ぶ」

医療・福祉コース「リスクヘッジと危険への対応を学ぶ」

 医療・福祉コースの3年生がリスクヘッジと危険への対応を学びました。この巨大ジェンガゲームはダンボールでできた通常よりも大きなピースを使って遊ぶゲームです。二人一組になって一人がアイマスクをし、もう一人が目隠しした生徒に指示を出しながら進めていきます。指示を出す側は「相手に具体的にわかりやすく指示を出せるか」が求められ、アイマスクをした側は「指示を受け、的確に行動する」という二人のコミュニケーション力と連携が試されるゲームです。対人援助の基本であるコミュニケーションをゲームを通して学びました。

 引き続きホームページをご覧下さい。Twitter公式アカウントの「フォロー」もお願いします。また、中学生やその保護者を対象にした入試関連情報をお伝えするLINE@公式アカウントも開設しておりますので、こちらのほうの「友だち追加」もよろしくお願いします。

  • Twitter
  • Instagram
  • LINE@
テキストのコピーはできません。