沼津中央高等学校 > トピックス > 学校行事 > 第68回たちばな祭「ステージの部」

第68回たちばな祭「ステージの部」

 本日より本校最大の学校行事である「たちばな祭」が始まりました。たちばな祭は今年で第68回を迎え、6月7日(金)の沼津市民文化センターでの「ステージの部」に始まり、8日(土)の「文化の部」、9日(日)の「体育の部」まで、生徒のパワーを全開に3日間を駆け抜けます。スローガン「彩~In Complete Control~」には「自由自在にたちばな祭を彩ってほしい」「それぞれの個性を発揮してほしい」という意味が込められています。また、今年度のポスターは工芸デザインコース3年 三須蒼月君(富士岡中出身)の作品です。
 ステージの部は生徒会執行部のオープニングのあとに各HRの発表や吹奏楽部、軽音楽部、ダンス部の発表が行われました。特にダンス部によるダンスパフォーマンスは圧巻で、観客席を魅了しました。また、今年のファッションショー「NUMACHUガールズコレクション2019」も素晴らしい仕上がりでした。さらには、本校の卒業生でシンガーソングライターのフルヤトモヒロさん(裾野市出身)がサプライズ出演しました。在学中は軽音楽部に在籍していたフルヤさんが今年の3月に離任式で母校を訪れた際、軽音楽部にアドバイスをするなど生徒たちに刺激を与えてくださいました。このとき、生徒たちの要望で学校公式応援ソングの楽曲提供作業に着手し、公式応援ソング「エール」をこのたちばな祭ではじめて完成披露しました。会場には一体感が生まれ、盛り上がりを見せました。
 

 引き続きホームページをご覧下さい。Twitter公式アカウントの「フォロー」もお願いします。また、中学生やその保護者を対象にした入試関連情報をお伝えするLINE@公式アカウントも開設しておりますので、こちらのほうの「友だち追加」もよろしくお願いします。

  • Twitter
  • Instagram
  • LINE@
テキストのコピーはできません。