医療・福祉

医療・福祉コース

医療・福祉コースとは

医療・福祉コースとは

人間を尊重する福祉の精神を理解し、強くやさしいこころを持つ人が、これからの福祉社会は、福祉の専門分野のみならずさまざまな分野で求められています。福祉の現状や課題に触れ、答えのない問いに真摯に取り組む学びの経験の中で、「ふくしの心」を育てます。

学習内容

学習内容

普通科のカリキュラムの中で、福祉教科を学べることがこのコースの魅力です。社会福祉の基礎的な科目の学習と平行して、3年間を通じて社会福祉施設(高齢者、保育など)での実習とその経験の振り返りを行うことにより、幅広く教養的に福祉を学びます。

学習内容

福祉の現場で働く方々や、利用者の方々との出会いは、コミュニケーション力を高め、進路やキャリアへの意識を高めるきっかけを提供します。ボランティア経験や、各種検定への挑戦を通じて、AO入試や推薦入試に対応できる力を育み、一人ひとりの志をかたちにします。

主な進路

医療・福祉・保育分野を中心とした進学、就職に対応しています。

【大学・短大】
関東学院大、鎌倉女子大、国際医療福祉大、東洋大、日本大、日本福祉大、静岡県立大短大部など

【看護学校・専門学校】
県立東部看護専門学校、沼津市立看護専門学校、茅ヶ崎看護専門学校、福祉系専門学校など