情報ビジネス

情報ビジネスコース

情報ビジネスコースとは

情報ビジネスコースとは

情報ビジネスコースは、まさに情報化社会を担うコースです。情報リテラシーといったパソコンや情報機器を使いこなすのは、もう時代の要請と言っていいでしょう。高度情報化社会の進展により、個人の生活のあらゆる面が情報化=データ化され、企業運営や行政サービスにおいても大量のデータが扱われています。実学主義のもとで、情報に関する正しい見識を持ち、進化するビジネスの現場で活躍できる人材としての基礎を学びます。

学習内容

学習内容<

普通科の通常単位数の国数英の授業時間を確保しながら、広く社会・経済の流れを理解するために、基礎学習を徹底します。その基礎の上に、高度情報化社会に対応する「専門知識の修得」や、「リテラシー教育」を行います。また、資格取得・検定合格を推進することにより、更なる目的意識・進路意識を高めます。簿記、情報処理、商業に関する資格や検定は、必ず将来のビジネスシーンで役立ちます。

平成30年度検定合格実績

平成29年度検定合格実績
公益財団法人 全国商業高等学校協会
ビジネス文書実務検定 3級 33名合格
情報処理検定 2級 9名合格、3級 31名合格
商業経済検定 3級 25名合格
簿記実務検定 3級 1名合格

主な進路

【大学・短大】
明治大学情報コミュニケーション学部、獨協大学外国語学部、日本大学国際関係学部、国士舘大学政経学部、神奈川大学法学部、東海大学海洋学部、常葉大学外国語学部、常葉大学経営学部、静岡産業大学経営学部、静岡産業大学情報学部、静岡理工科大学情報学部、国際武道大学体育学部、常葉大学短期大学部 ほか

【専門学校】
静岡県立沼津技術専門校電子技術科、沼津情報・ビジネス専門学校公務員科 ほか

【就職】
日本郵便株式会社東海支社、アサヒ飲料株式会社、米久株式会社、ビヨンズ株式会社、昭立電気工業株式会社、株式会社不二家、株式会社静鉄ストア、マックスバリュ東海株式会社、マルスン株式会社、株式会社プリンスホテル、土井製菓株式会社、日本私立学校振興・共済事業団施設部、株式会社ザラ・ジャパン、中日本ロード・メンテナンス東海株式会社 ほか